iPhone対応している格安SIMは?各MVNOの状況

これまでの3大キャリアよりも、月々の料金をぐっと安く済ませることができる格安SIM

ぜひ、iPhoneでも活用したいものですね!

ですが、格安SIMを提供しているMVNO(格安SIMを提供している会社)ごとに、iPhoneでの対応状況は異なります。

格安SIMのiPhone対応状況のまとめ

市場に出回っているiPhoneは、次の4つに分けられます。

  • SIMフリーのiPhone
  • docomoで販売されているiPhone
  • auで販売されているiPhone
  • SoftBankで販売されているiPhone

docomo、au、SoftBankの3大キャリアのiPhoneには、SIMロックがかけられています。

スマホに差しこむSIMカードには、契約者を識別するための情報が入っています。

SIMカードがあってはじめて、わたしたちはスマホを利用することができるわけです。

3大キャリアから販売されているiPhoneは、原則としてそのキャリアのSIMカードしか使用できないようにされています。これがSIMロックです。

SIMロックの存在のため、3大キャリアから販売されているiPhoneは自由自在に格安SIMを使用できないわけですね。

ですが、2015年5月から販売される機種から、各キャリアがSIMロックの解除に応じるようになりました。

このことにより、iPhoneにどのSIMを搭載するか、選択肢がぐっと広まったわけです。

もとから、SIMロックがされていないSIMフリーのiPhoneも販売されています。

各キャリアがSIMロックの解除に応じるのは半年後なので、最初からSIMフリーの機種を購入する手もあります。

ただし、キャリアからiPhoneを購入するのと比べると、どうしても割高になってしまいます。分割購入もやりにくいです。

格安SIMのMVNOは、大手キャリアから回線をレンタルして事業をおこなっています。

そのため、MVNOはdocomo系au系SoftBank系に分けることができます。

SIMロックを解除していないiPhoneでも、端末を購入したキャリアの回線を使用したMVNOであれば、SIMがそのまま使用できる例が多いのです!

幅広く対応可能!SIMフリーやdocomoのiPhone

SIMフリーのiPhoneの場合は、もっとも幅広く格安SIMに対応できます。

ただ、価格が高いです。

SIMロックを解除せずに対応できる格安SIMが多い(ドコモ系のMVNOが多いため)ドコモのiPhoneの方が値段も安いので、総合的にはそちらのほうがよい点もあります。

いくらSIMフリーとはいっても、デザリングの場合は注意が必要です。

ドコモ系の格安SIMの場合は問題ないのですが、au系の格安SIMの場合はデザリングができない場合があります。

iPhone7、7Plusでau系の格安SIMを使用するときは、VoLTE用のSIMカードでないと音声通話データ通信ができない場合があるので注意してください。

注意が必要?auのiPhone

au系の格安SIMは数が少ないですが、UQmobilemineoIIJmio(Aプラン)など、人気格安SIMを利用することができます。

au系の格安SIMではauのiPhoneでデザリング以外の機能を利用できます。

基本的にデザリングできないようになっているため(UQmobile以外)、デザリングがどうしても必要な方は、SIMロックを解除してドコモ系の格安SIMを使用することも考慮に入れておいたほうがいいでしょう。

なお、auVoLTESIMの場合は、auのiPhoneといえどもSIMロック解除が必要なのでご注意を!

意外な結果が!SoftBankのiPhone

ソフトバンク回線を利用した格安SIM(U-mobileSUPERHitスマホ)が出てきましたね!

iPhoneで使用しようとしている方もいると思います。

ですが、ソフトバンクのiPhoneの場合は、SIMロックを解除しない限り、使用できません。

ドコモやauに対し、SIMロックが厳重だからです。

ソフトバンクの端末の場合は、最低でも半年間は格安SIMへの乗りかえができないことになります。

SIMロック解除したソフトバンクの端末はドコモ系の格安SIMで使用できる場合が多いので、現状では数が少ないソフトバンクの格安SIMにこだわらず、ドコモ系の格安SIMを検討したほうがよろしいでしょう。

docomo系格安SIMの公式動作確認状況

楽天モバイル

  • SIMフリーのiPhone5、5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • ドコモのiPhone5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。

mineo(Dプラン)

  • SIMフリーのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • ドコモのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • auのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。

 

IIJmio(タイプD)

  • SIMフリーのiPhone5、5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • ドコモのiPhoneはiPhone5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SEで動作確認。

au系格安SIMの公式動作確認状況

UQmobile

  • SIMフリーのiPhoneSE、6s、6splusで動作確認。
  • ドコモとソフトバンク、auのiPhoneの場合は、SIMロックを解除すればiPhoneSE、6s、6sPlusで利用できます。
  • iPhone5sのUQmobile版もあります。

mineo(Aプラン)

  • SIMフリーのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • auのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。
  • ドコモのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

IIJmio(タイプA)

  • SIMフリーのiPhone6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • auのiPhoneはSIMロック解除後、iPhone6s、6sPlusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

ソフトバンク系格安SIMの公式動作確認状況

ワイモバイル

SIMフリーSIMロックが解除済みドコモauソフトバンクのiPhone5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

U-mobileSUPER

SIMフリーのiPhone5s、6、7、7Plusに対応しています。

まとめ

SIMロックが解除できるようになって、現在お持ちのiPhoneで使用できる格安SIMの選択肢がだいぶ広がりました。

ただ、キャリアから購入した端末は、格安SIMによっては公式に動作確認が行なわれていない場合もあります。

iPhoneの場合はデータの移行が簡単なので、格安SIMに対応しているSIMフリーなどのiPhoneを新規に購入してデータを移行し、古いiPhoneを売却するという手段も取りやすいです。

対応している格安SIMが多いドコモの白ロム(SIMロックが解除されているとは限らない)を中古で買うのも、料金的にはおすすめできます!

SIMフリーやドコモのiPhoneであれば、間違いなく格安SIMの選択肢は広がります。

格安SIMの各MVNOが公式サイトで発表している動作確認端末であれば、安心して適合する端末を選択可能なので、よく確認して端末の用意をしましょう!

インターネット回線の必要性をタイプ別に分類してみたまとめ

前回の記事では、インターネットの接続方法についてフレッツ光からモバイルデータ通信までご紹介しました。今回はタイプ別に推奨のインターネット環境を考えてみましょう。

ファミリー向けのインターネット回線は?

auひかりまたは光コラボがおすすめ

ファミリー向けのインターネット回線は、auひかりや光コラボといった固定回線がおすすめです。

なぜなら、

数人分の月間データ量をカバーできるのは固定回線のみだからです。

例をあげてみましょう。一人当たりの月間データ量が2GBであったとしても、4人家族となると合計データ量は8GBです。一般的なモバイルデータ通信のプランは7GBですのでかなりキツキツですね。ドコモ光などは30GBのシェアパックなどを出していますが、3人以上のファミリーで利用するのであれば、無制限プランを選んだほうが無難でしょう。

ひとり暮らし向けのインターネット回線は?

モバイルデータ通信がおすすめ

学校や仕事でひとり暮らしをしている人にとっては、回線工事を伴うauひかりやフレッツ光、光コラボは少々重いサービスです。フルで工事をした場合、工事費は2万円以上かかりますし、何より引っ越しの先のインフラの整備ができていない場合は、再工事が必要になる可能性もあります。

そして何より気になるのは、解約時の違約金です。再工事で済まない場合(たとえば、引っ越し先のマンションがauひかりに対応していない場合)は解約せざるを得ないのですが、光回線は2年契約を基本としているため、高額の違約金が掛かってしまいます。

モバイルデータ通信を選べば、工事不要ですのでこれらの問題を解消できるのです。

月間データ量5GB~7GBで事足りのか?

足りない場合はデータ通信専用の端末を検討する

ファミリー向けのインターネット接続環境のところでもご紹介しましたが、モバイルデータ通信は光回線に比べて月間データ量が厳しいです。ライトユーザーであれば7GBもあれば十分ですが、月間20GB以上利用するヘビーユーザーであれば、モバイルWi-Fiルーターなど、データ通信専用の端末を用意するとよいでしょう。

DINKS向けのインターネット回線は?

モバイルデータ通信の家庭利用がおすすめ

夫婦二人だけ、あるいは同棲中のカップルといったDINKS世帯は、家を開けることも多く、ファミリー世帯よりも月間データ量を必要としません。この場合、モバイルデータ通信用の端末を共有することが最も効率の良いインターネット接続方法です。

日中は、利用の多い方が利用することで無駄のないネット環境となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、

  • ファミリー向け
  • ひとり暮らし向け
  • DINKS向け

のインターネット環境をそれぞれまとめてみました。
この機会にぜひ最適なネット回線をみつけてくださいね。

インターネット回線の種類と選び方

インターネット回線、いわゆるネット回線には複数の選択肢があります。最もイメージしやすいのはBフレッツに代表される光回線ではないでしょうか。しかし、2017年現在、光回線の契約方法は、インターネットサービスプロバイダとネット回線事業者の双方と契約する従来型の契約方法に加え、光コラボレーションという契約方法もあることをご存知でしょうか?

何だか難しそうですよね。そんなあなたのために、インターネット回線の種類と選び方についてカンタンに解説します。

光回線とは?

フレッツ光に代表される従来の固定回線タイプ

光回線といえば、NTTであればフレッツ光に代表される従来の固定回線です。KDDIであれば、au 光ですね。かつてはBフレッツの名称で親しまれたサービスは現在は終了しています。フレッツ光、au 光のメリットは最大1Gbpsという超高速回線で下り・上りとも利用できる点です。

プロバイダーごとに帯域が割り振られているわけではないため、光回線をダイレクトに利用することができます。もちろんインターネットサービスプロバイダーの契約も必要ですが、回線自体を卸しているわけではありません。

光コラボ(光コラボレーション)とは?

光回線を事業者に卸し独自のブランドで販売できる形態

ここ数年で広まった光コラボ(光コラボレーション)とは、光回線(光アクセスサービス)をプロバイダーなどの事業者に提供し、独自の付加価値を加えて販売できるようにしたものです。例えば、ドコモ光などが有名ですね。au光では、フレッツ光よりも先にKDDIとauでone netという名称でコラボしていました。これらのコラボレーションのサービスは2015年から急速に拡大しました。

モバイルデータ通信とは?

モバイル端末とSIMカードを利用したデータ通信

モバイルデータ通信とは、スマートフォンやモバイルWi-Fiルーターといったモバイル端末とSIMカードを利用したデータ通信です。ここ数年のモバイルデータ通信の通信速度の向上はめざましく、光回線を超えるのではないかといわれています。最終的に光回線を経由するのですから、さすがに超えることはありませんが、それでも下り速度は1Gbpsに迫る勢いです。現在のモバイルデータ通信の最高速度は、WiMAX 比較 に特化したサイトによれば、下り最大370Mbpsです。(機種によっては下り最大440Mbps)。4×4MIMOとキャリアアグリゲーションによって倍速的に向上しているので、近いうちに880Mbpsにまで到達するでしょう。WiMAXではありませんが、docomoのPremium 4Gであれば、682Mbpsにまで到達しています。あとは、月間のデータ量の問題だけクリアすればフレッツ光やau ひかりの代替えとして利用できるわけです。

ADSLやISDNはどう?

ISDNはサービス終了、ADSLも先細り

フレッツ光回線が工事が必要であるのに対し、既存の電話回線を用いるADSLは工事できない箇所で現在でも有用です。しかし、モバイルデータ通信の技術が進歩してきたため、一般向けではなくなってきています。