iPhone対応している格安SIMは?各MVNOの状況

これまでの3大キャリアよりも、月々の料金をぐっと安く済ませることができる格安SIM

ぜひ、iPhoneでも活用したいものですね!

ですが、格安SIMを提供しているMVNO(格安SIMを提供している会社)ごとに、iPhoneでの対応状況は異なります。

格安SIMのiPhone対応状況のまとめ

市場に出回っているiPhoneは、次の4つに分けられます。

  • SIMフリーのiPhone
  • docomoで販売されているiPhone
  • auで販売されているiPhone
  • SoftBankで販売されているiPhone

docomo、au、SoftBankの3大キャリアのiPhoneには、SIMロックがかけられています。

スマホに差しこむSIMカードには、契約者を識別するための情報が入っています。

SIMカードがあってはじめて、わたしたちはスマホを利用することができるわけです。

3大キャリアから販売されているiPhoneは、原則としてそのキャリアのSIMカードしか使用できないようにされています。これがSIMロックです。

SIMロックの存在のため、3大キャリアから販売されているiPhoneは自由自在に格安SIMを使用できないわけですね。

ですが、2015年5月から販売される機種から、各キャリアがSIMロックの解除に応じるようになりました。

このことにより、iPhoneにどのSIMを搭載するか、選択肢がぐっと広まったわけです。

もとから、SIMロックがされていないSIMフリーのiPhoneも販売されています。

各キャリアがSIMロックの解除に応じるのは半年後なので、最初からSIMフリーの機種を購入する手もあります。

ただし、キャリアからiPhoneを購入するのと比べると、どうしても割高になってしまいます。分割購入もやりにくいです。

格安SIMのMVNOは、大手キャリアから回線をレンタルして事業をおこなっています。

そのため、MVNOはdocomo系au系SoftBank系に分けることができます。

SIMロックを解除していないiPhoneでも、端末を購入したキャリアの回線を使用したMVNOであれば、SIMがそのまま使用できる例が多いのです!

幅広く対応可能!SIMフリーやdocomoのiPhone

SIMフリーのiPhoneの場合は、もっとも幅広く格安SIMに対応できます。

ただ、価格が高いです。

SIMロックを解除せずに対応できる格安SIMが多い(ドコモ系のMVNOが多いため)ドコモのiPhoneの方が値段も安いので、総合的にはそちらのほうがよい点もあります。

いくらSIMフリーとはいっても、デザリングの場合は注意が必要です。

ドコモ系の格安SIMの場合は問題ないのですが、au系の格安SIMの場合はデザリングができない場合があります。

iPhone7、7Plusでau系の格安SIMを使用するときは、VoLTE用のSIMカードでないと音声通話データ通信ができない場合があるので注意してください。

注意が必要?auのiPhone

au系の格安SIMは数が少ないですが、UQmobilemineoIIJmio(Aプラン)など、人気格安SIMを利用することができます。

au系の格安SIMではauのiPhoneでデザリング以外の機能を利用できます。

基本的にデザリングできないようになっているため(UQmobile以外)、デザリングがどうしても必要な方は、SIMロックを解除してドコモ系の格安SIMを使用することも考慮に入れておいたほうがいいでしょう。

なお、auVoLTESIMの場合は、auのiPhoneといえどもSIMロック解除が必要なのでご注意を!

意外な結果が!SoftBankのiPhone

ソフトバンク回線を利用した格安SIM(U-mobileSUPERHitスマホ)が出てきましたね!

iPhoneで使用しようとしている方もいると思います。

ですが、ソフトバンクのiPhoneの場合は、SIMロックを解除しない限り、使用できません。

ドコモやauに対し、SIMロックが厳重だからです。

ソフトバンクの端末の場合は、最低でも半年間は格安SIMへの乗りかえができないことになります。

SIMロック解除したソフトバンクの端末はドコモ系の格安SIMで使用できる場合が多いので、現状では数が少ないソフトバンクの格安SIMにこだわらず、ドコモ系の格安SIMを検討したほうがよろしいでしょう。

docomo系格安SIMの公式動作確認状況

楽天モバイル

  • SIMフリーのiPhone5、5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • ドコモのiPhone5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。

mineo(Dプラン)

  • SIMフリーのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • ドコモのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • auのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。

 

IIJmio(タイプD)

  • SIMフリーのiPhone5、5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • ドコモのiPhoneはiPhone5c、5s、6、6Plus、6s、6sPlus、SEで動作確認。

au系格安SIMの公式動作確認状況

UQmobile

  • SIMフリーのiPhoneSE、6s、6splusで動作確認。
  • ドコモとソフトバンク、auのiPhoneの場合は、SIMロックを解除すればiPhoneSE、6s、6sPlusで利用できます。
  • iPhone5sのUQmobile版もあります。

mineo(Aプラン)

  • SIMフリーのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • auのiPhone5c、5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。
  • ソフトバンクのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。
  • ドコモのiPhoneはSIMロック解除後、iPhoneSE、6s、6sPlusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

IIJmio(タイプA)

  • SIMフリーのiPhone6s、6sPlus、SE、7、7Plusで動作確認。
  • auのiPhoneはSIMロック解除後、iPhone6s、6sPlusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

ソフトバンク系格安SIMの公式動作確認状況

ワイモバイル

SIMフリーSIMロックが解除済みドコモauソフトバンクのiPhone5s、6、6plus、6s、6splus、SE、7、7plusで動作確認。

(どの機種もデザリング不可)

U-mobileSUPER

SIMフリーのiPhone5s、6、7、7Plusに対応しています。

まとめ

SIMロックが解除できるようになって、現在お持ちのiPhoneで使用できる格安SIMの選択肢がだいぶ広がりました。

ただ、キャリアから購入した端末は、格安SIMによっては公式に動作確認が行なわれていない場合もあります。

iPhoneの場合はデータの移行が簡単なので、格安SIMに対応しているSIMフリーなどのiPhoneを新規に購入してデータを移行し、古いiPhoneを売却するという手段も取りやすいです。

対応している格安SIMが多いドコモの白ロム(SIMロックが解除されているとは限らない)を中古で買うのも、料金的にはおすすめできます!

SIMフリーやドコモのiPhoneであれば、間違いなく格安SIMの選択肢は広がります。

格安SIMの各MVNOが公式サイトで発表している動作確認端末であれば、安心して適合する端末を選択可能なので、よく確認して端末の用意をしましょう!