インターネット回線の必要性をタイプ別に分類してみたまとめ

前回の記事では、インターネットの接続方法についてフレッツ光からモバイルデータ通信までご紹介しました。今回はタイプ別に推奨のインターネット環境を考えてみましょう。

ファミリー向けのインターネット回線は?

auひかりまたは光コラボがおすすめ

ファミリー向けのインターネット回線は、auひかりや光コラボといった固定回線がおすすめです。

なぜなら、

数人分の月間データ量をカバーできるのは固定回線のみだからです。

例をあげてみましょう。一人当たりの月間データ量が2GBであったとしても、4人家族となると合計データ量は8GBです。一般的なモバイルデータ通信のプランは7GBですのでかなりキツキツですね。ドコモ光などは30GBのシェアパックなどを出していますが、3人以上のファミリーで利用するのであれば、無制限プランを選んだほうが無難でしょう。

ひとり暮らし向けのインターネット回線は?

モバイルデータ通信がおすすめ

学校や仕事でひとり暮らしをしている人にとっては、回線工事を伴うauひかりやフレッツ光、光コラボは少々重いサービスです。フルで工事をした場合、工事費は2万円以上かかりますし、何より引っ越しの先のインフラの整備ができていない場合は、再工事が必要になる可能性もあります。

そして何より気になるのは、解約時の違約金です。再工事で済まない場合(たとえば、引っ越し先のマンションがauひかりに対応していない場合)は解約せざるを得ないのですが、光回線は2年契約を基本としているため、高額の違約金が掛かってしまいます。

モバイルデータ通信を選べば、工事不要ですのでこれらの問題を解消できるのです。

月間データ量5GB~7GBで事足りのか?

足りない場合はデータ通信専用の端末を検討する

ファミリー向けのインターネット接続環境のところでもご紹介しましたが、モバイルデータ通信は光回線に比べて月間データ量が厳しいです。ライトユーザーであれば7GBもあれば十分ですが、月間20GB以上利用するヘビーユーザーであれば、モバイルWi-Fiルーターなど、データ通信専用の端末を用意するとよいでしょう。

DINKS向けのインターネット回線は?

モバイルデータ通信の家庭利用がおすすめ

夫婦二人だけ、あるいは同棲中のカップルといったDINKS世帯は、家を開けることも多く、ファミリー世帯よりも月間データ量を必要としません。この場合、モバイルデータ通信用の端末を共有することが最も効率の良いインターネット接続方法です。

日中は、利用の多い方が利用することで無駄のないネット環境となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、

  • ファミリー向け
  • ひとり暮らし向け
  • DINKS向け

のインターネット環境をそれぞれまとめてみました。
この機会にぜひ最適なネット回線をみつけてくださいね。